一線を越えると線はどこにもなかった

 

      私たち人間は洋服を作り過ぎた

 

        その現実を受け入れ

 

 洋服を創る人間としてそれを無かった事にはできない

 

最近よく耳にするRe-make・Rebuild・再構築とは違い

 

      必要とされない洋服やモノを

 

   その時の考えやアイデアで生まれ変わらせる

 

       ただ単に金のためではなく

 

    洋服やモノを何のために創るのかを考え

 

       時代と共に変化しつづける

 

僕らにとって生まれ変わらせることこそ生きることである

 

           little vintage