2016.3.23

  『纏うとは生きること』

 

      時代に流されるのではなく

 

         自分の手で流れを創っていく。