経年変化こそアート

100年、あるいは何百年も前のモノなのか想像は膨らむばかり

 

古いモノが見せる様々な表情に僕らはいつも釘づけです。