2016.4.14

昨日は、なんとも不思議な日だった。

 

偶然と言う名の必然のもとにあつまった人々。

 

今後が楽しみである。