2016.5.16

震災のちょうど2週間前に取材を受けた。

 

やはり、進むべき方向性は間違ってないと確信する。

 

僕らが目指すべき方向は資本主義的服創りからの脱却。