僕らに新しい革は必要ない

7月7日に”SCHOOL of NPW"

(N:ヌメ革 P:パッチ W:ワーク)

のワークショップが開催されました。

 

不要とされてしまっていた革。

目の前に置かれた革を、

考えず、思いのままに組み立てていくと

さまざまなカタチのバッグが生まれました。

 

 

”不要”ではなく、

”活用されていない”だけではないか。

 

社会を見渡してみると、あらゆる所に

活用されていないモノがあります。

これは社会問題として見つめ直すべきだと

このワークショップを通して学びました。

 

講師に来ていただいた古本さん、

受講された皆さん、

ありがとうございました。